乳房再建手術の第一人者

ルルフィットについて

乳房再建手術の先駆者、外科医の武石明精医師をはじめとし、女性医療者と約40名のモニターで
乳房再建手術後の患者専用ブラジャー「ルルフィット」を開発しました。

カットできるアジャスター

術後の乳房の変化に対応できるようにアジャスターを8列12㎝の長さで調整可能。
腫れなどが引き乳房が落ち着いたらアジャスターを中央でカットし普通のブラとしても使用可。

ブラの説明

バストに優しい2層構造

2層構造のカップは体に触れるところは肌当りのいい生地でフラット。
中央部分はパッドを入れられ、外側のカップ裁断でバストラインが作りやすくなっている。

ブラの説明

現在、年間約9万人が乳がんに罹患しており、2013年からインプラントによる乳房再建が保険適用になったことを受け、乳房再建手術を受ける人が年々増加しています。
乳房再建後の患者の乳房は、手術による腫れが落ち着くまでに日数を要し、さらに左右差により実用的に使える廉価なブラジャーがこれまでありませんでした。
そこで、自身も乳がんを克服した弊社社長が、同じ乳がん経験者として、乳房再建患者が納得して使え、さらにその後も活用できるブラジャーを作りたいとの思いから、乳房再建手術の先駆者である形成外科医武石明精医師に直談判し、女性医療従事者と乳房再建患者40名の協力のもと、2年間で約20回の試作を重ねて完成に至りました。

PLOFILE

武石明精

MEISEITAKEISHI

社団法人乳房再建研究所 理事長
順天堂大学形成外科 客員教授
東京医科大学形成外科 非常勤講師
静岡県立静岡がんセンター再建形成外科 特別非常勤

自家組織移植による乳房再建の先駆者。U C L A ( カリフォルニア大学ロサンゼルス校)William Shaw教授より直接指導を受ける。自家組織とインプラント両方の乳房再建手術をし、再建症例は1,000例を超える。自家組織では「乳房再建MT式計量システム」を考案。

次はこちらが発売します!!

2019年7月発表予定

時間をかけてやっと作れた、特許取得商品!

花のアイコン

ルルフィットと同様、武石明精医師と共同開発。
乳房再建術後の安定した乳房に使用する、お洒落な乳房再建
用ブラジャー。乳房の大きさ、幅、高さを調整できる。

花のロゴ02

今後は病院のイベントや売店、がん患者さんのサロンなどでの販売と併せ、乳房再建の現場で医療者と共に試着をしていける環境づくりを行うとともに、乳がん患者をサポートするウィッグメーカーや保険会社と連携したく働きかけを行っていくことで、がん患者やがんを克服した元患者が生きやすい世の中づくりに寄与してまいります。

お問い合わせ

アボワールインターナショナル株式会社
担当 中村真由美

電話075-708-6208